英語はことば

英語はことば。 通じるようになることが目的です。

当たり前のことですが、いざ勉強を始めると忘れてないですか?

いつの間にか、知識重視でテストの点数になりそうな勉強になってませんか?

通じる言葉を身につけるなら、なぜ自分の英語が通じないかの原因から考えるのが早いです。

多くの人にとって、英語が通じない最大の原因は、「英語を聞き取れない」こと。

英語には日本人に慣れない音がたくさんあります。 知ってるはずの単語さえ、音で聞くと脳に入ってこないことありますよね。

だから、英語を身につけるために真っ先にしなければならないのが、「慣れない音に慣れること」です。

幼児でも英語ができるようになるのは、「聞く」から始めるからです。

聞き取りできないことを、いくら記憶していっても効果を感じることは難しいです。

逆に聞く力をつけていくことで、英語のセリフがスーッと聞こえたときの感動が、次のやる気につながりやすいです。

なかなか身につかなかったこれまでの英語学習を見直して、まずは耳のトレーニングから始めると、意外に気軽・簡単に英語の上達を体感できるかもしれませんよ。

暗記に頼らない、聞き流すだけの英語学習法があります。

聞き流すだけなのに4人中3人が成功を実感したといわれる、100万人が体験した英語習得法の定番の一つです。

「スピードラーニング」 公式ホームページへ


* * * * * * * * * * * * * * *

海外旅行と英語
海外旅行で、英語が使えるか・使えないかの違いはかなり大きいです。英語圏への海外旅行ならなおさらそうですが、意外に英語圏じゃないところへの旅行でも英語力が身を助ける場合がおおいです。世界的に見れば日本語より英語のほうがずっとメジャーですからね。

英語を覚える順番
英語を身につける順番は?自然な流れは「聞く」「話す」「読む」「書く」です。でも、学校では一緒に進め、どちらかというと「読む」「書く」が主体でした。たっぷり英語を勉強したのに、海外旅行で簡単な英会話さえできない人が多いというのは、順番がやウェートがまずかったのかもしれないですね。

高校が英語教材を導入
高等学校で英語教材を利用するということは、普通はないことです。それもそのはず、文部省の指導要領があり教科書もちゃんとあるので、新たに教材を追加する必要性は薄いからです。でもある高校ではスピードラーニングを教育現場に導入しました。あえて導入するほどの価値がこの英語教材にあるということですね。

幼児から英語
言葉を覚え始める幼児の頃から英語を学べば、より自然な英語が身につくということで、英語を始める家庭が増えています。子供用の英語教材が普及してきたこともその傾向を後押ししているようです。親の英語力に関係なく、子供たちに英語を学ぶチャンスを上げられるというのは嬉しいことですね。

もう一つのTOEIC対策
TOEICはリスニングに重点が置かれた試験です。ですので、リスニングを鍛えることが実はTOEIC対策にもつながります。英語には日本人に聞き取り難い発音がいろいろあります。それが英語のリスニングを難しくしてます。でも、聞き取り難い発音でも、慣れると聞こえるようになります。音に慣れることが実はすごく重要です。

英語はこっそり
英語をやり直すのに、こっそり始めたいという人は多いです。きっと失敗したときにみんなに知られてると恥ずかしいからでしょう。後ろ向きな発想ですが、1度は英語で失敗している以上、慎重になる気持ちも分かります。だからこそ、こっそりできる英語の学習法が結構人気です。通わない、机に縛られない、こっそりできる方法があります。

海外旅行後の英語
海外旅行をきっかけに英語を本格的に始める人も意外に多いです。それは、英語の力不足で海外旅行で悔しい思いをした人に多いようです。海外旅行での失敗をきっかけに英語が身につけば、その失敗はのちのち有益なものにできますね。失敗を苦い思い出にするか、英語の転機にするかはその人しだいですね。

英語が続かない
英語を身につけようと決心して英語学習をはじめたものの続かないという人は多いです。続かない理由はそれぞれあると思いますが、最初の意気込みでムリな方法を選んだという人もかなり多いです。ある程度続けなければならない英語ですから、継続性も方法選びで重視したいですね。

石川遼選手の英語
人気プロゴルファー・石川遼選手の英語習得法が話題になってます。海外ツアーなど海外でのますますの活躍も期待される石川遼選手、かなり早くから英語の準備も着々と進めていたようです。その英語の準備で利用したのが聞き流すだけの英語教材でした。85万人が利用した英語学習の一つの定番ですね。

海外旅行前と英語
海外旅行前のモチベーションを利用すれば、英語習得の効果は上がりやすいです。海外旅行前をみすみす逃すのがもったいないです。とはいえ、海外旅行前は結構忙しい事が多いです。仕事を片付けたり、海外旅行の準備をしたり、・・・。そんな忙しさと両立できる英語学習方法があると便利ですね。

↑↑ クリック ↑↑
暗記に頼らない英語学習
聞き流すだけのスピードラーニング。
第1巻の「日常英会話」もいいですが、やっぱり第2巻の「旅行の英会話」が引き込まれますね~♪

たとえば、レストランでの外食を疑似体験するように、やりとりが聞けます。 ここを聞いたとき、つい新婚旅行でのレストランでの失敗を思い出してしまいました。

新婚旅行に行く前に 聞いてれば レストランで もっと余裕を もって振舞えたのになぁ・・・(奥さんにもガッカリされずに済んだのに・・・) なんて。 ちょっぴり苦い思い出まじり。

ほかにも、ホテルでのチェックイン・チェックアウト、機内でのサービスについてのやり取り、観光、・・・いろいろ 疑似体験的に聞けて、面白いです。 海外旅行中に体調を崩してしまったところは、特に興味がそそられます。 海外旅行って体のリズムが崩れやすいですし、他人事ではないです。

でも そんな万一の時間外診療のことや保険のことって、普通に説明されたら つまらなくて、聞く気になれないです。 旅行の楽しみに水を差しそうですしね。

ところが、疑似体験的にやりとりが聞けるので、他人事には思えずに気になって。。。それで しっかり聞いちゃうんですよね。 何度聞いても、注意して聞いちゃう ところです。

そのほかにも、「オフィスでの英会話」「文化の違い」・・・興味深いテーマで続くので、楽しみながら聞き流せます。 英語の後に、日本語で意味が流れるので、初めて聞くときから楽しんで聞けるのが嬉しいです。

ゴルフでの活躍と同時並行で英語力がアップしている、石川遼選手も愛用というのは、ますます頼もしいです。

↑↑ クリック ↑↑
やる気を 楽しく 実力に

英語上達のみち

英語を楽しむみち

リンクについて

海外で通じる英語で英語のやり直しを考え直すのもいいかも。 育児の悩みを解決するためにが育児についてのヒントになるかも。 犬と遊ぶパズルではちょっと違った犬の名前のパズル遊び。
| 楽しむ英語みち

ご意見・ご感想・お問合せ等はこちら

Copyright © 2007 楽しむ英語みち. All rights reserved