続かなかい人も癖になる英語トレ

英語を習得するまで 続かなかったのには、きっと理由があるはずです。 とはいえ、理由ばかり考えても 先には進めないです。

失敗を引きずっても時間のムダですので、気持ちを切り替えましょう。 そして、失敗を繰り返さないように、続けられそうな英語の学習方法を選びましょう。

背伸びのしすぎや、ムリのある方法に、心惑わされないように注意です。

もっと楽しく英語はできる

英語ってホントは 楽しみながら できます。 イヤイヤするか? 楽しんでするか? それは 【方法】と【気持ち】しだい。 楽しんで取組んだほうが、きっと効果も期待できるはず。

暗記に頼らず、聞き流すだけ英語学習法があります。 「聞き流すだけで、ホントに大丈夫?」とツッコミたくなりますが、100万人以上が利用した英語学習の定番です。 これはつまり、「聞く」ということが、英語を身につけるのに それだけ大事ということでもあるんです。

そもそも英語を身につけるなら、「聞く」「しゃべる」「読む」「書く」の順が最も自然。 この順番だから、子供たちも問題なく英語を身につけます。 「聞く」が一番最初なんですよね。

しかも、英語には日本人に慣れない音が いっぱい。 だから、慣れない音に 慣れることが大事で、それには、たっぷり英語を「聞く」ことが一番。

せっかく苦労して暗記した英単語も、聞こえなければ 会話で使えないですね。 ところが逆に 聞こえてくる単語なら、最初は意味が分からなくても、もっと楽しみながら 自然に覚えることが できるはず。

だから、優先すべきは 「暗記」より 「聞く」こと。 でもね。「忙しいのに、たっぷり英語を聞くなんて大変かも・・・」 そこで「聞き流す」英語学習が 喜ばれてるんです。

「聞き流すだけ」なので 何かを しながらでもOK。 聞き流して 英語に自然に慣れて いきます。 例えば・・・
 → 家事をしながら
 → 電車・バスの中で
 → ドライブ中のBGMとして
 → ウォーキングやジョギング・散歩しながら
 → 子供と遊びながら
 → お風呂の中で
 → お休み前の布団の中 ・・・などなど

忙しい人でも、「耳が空いてる 時間」なら 意外と見つかる ものです。 だから この方法、忙しい人にも すごく喜ばれてます。

「聞き流すだけ でいいなら、何かの 英語CDを聞き続けて みようかな・・・」実は、私もそう思って試してみました。 ところが・・・

「聞き流すだけ」とはいえ、意味の分からない英語を 聞き続けること って退屈で、続けるうちに 苦痛になりました。 そして 結局一月くらいで やめました。 そんな私でも、この方法なら、どんなに やる気の下がった日でも、聞き続けられてます。

それには理由があります。 実はこの方法、適当な長さの英語の後に、その意味が日本語で流れます。 「聞こえなかった!」と思っても、意味もヒントになって 聞き逃した英語を 思い出せたりします。

また 意味が分かることで 退屈しません。 というか、アメリカの意外な習慣や発想など 気になる内容が流れるので、ついつい聞き入ってしまうことも。 「旅先で体調を崩したとき」とか、英語が必要な ありがちシーンを 疑似体験するように、やりとりが聞けるのも 興味をそそります。

実はこの方法、きっと あなたも聞いたこと がある方法です。 利用者100万人以上の英語習得の定番ですしね。 また近頃では、あの人気プロゴルファー・石川遼選手が 英語上達のために愛用していることでも注目されました。

その名は「スピードラーニング」。 聞き流すだけの、暗記に頼らない英語教材です。

どうせやるなら、楽しみながら始めましょ。

「スピードラーニング」 公式ホームページへ


生活習慣の違い
海外と日本、考えてみると当たり前ですが生活習慣が違います。当たり前のつもりでやった事が、海外で大恥をかくことになることも。だから海外に行くときは言葉も大事ですが、その土地の生活習慣につちても知っておく事が、余計なトラブルを回避することになります。

英語のモチベーション
英語学習のモチベーションは、「聞く」から学習を始めたほうが、「読む・書く」から学習を始めたときよりも上がりやすいと思います。なぜなら、大量の単語やフレーズを覚えた達成感よりも、たった1つでも英語のセリフが聞こえた瞬間のほうが感動が大きいと思いませんか。この違いがモチベーションに影響します。

もし英語が身についたら
英語が身についたときの自分のイメージをしっかり持つ事が、英語学習のやる気を高める一つの方法です。英語ができる自分を想定し、いろいろ想像を膨らましてみましょう。ニタニタできるシーンほど特にいいですね。英語学習のやる気を高める簡単な方法の一つです。試してみてください。

学校で学んだ英語
学校で学んだ英語はきちんと活かせてますか?たっぷり時間をかけて学んだはずの英語がお蔵入りして久しいようではもったいないですね。時とともに忘れてる部分も増えていってるでしょう。せっかく学んだ英語の知識を呼び起こして、さらに使える英語を身につけてはどうでしょうか?今後英語はますます重要です。

英語情報のスピード
いろんな情報が英語が分かればより早く手に入れられることが多いです。英語圏以外の情報でも、英語には翻訳されることが多いですからね。日本語になるまで待っていたら、情報の鮮度が落ちてあまり意味がなくなることも。情報力をアップするためにも英語は重要だということです。

ペン型辞書と英語も英会話も+アメリカ留学特集ものことについて.続かない!と英語(英会話)|英語やり直しに着目して.

↑↑ クリック ↑↑
暗記に頼らない英語学習
聞き流すだけのスピードラーニング。
第1巻の「日常英会話」もいいですが、やっぱり第2巻の「旅行の英会話」が引き込まれますね~♪

たとえば、レストランでの外食を疑似体験するように、やりとりが聞けます。 ここを聞いたとき、つい新婚旅行でのレストランでの失敗を思い出してしまいました。

新婚旅行に行く前に 聞いてれば レストランで もっと余裕を もって振舞えたのになぁ・・・(奥さんにもガッカリされずに済んだのに・・・) なんて。 ちょっぴり苦い思い出まじり。

ほかにも、ホテルでのチェックイン・チェックアウト、機内でのサービスについてのやり取り、観光、・・・いろいろ 疑似体験的に聞けて、面白いです。 海外旅行中に体調を崩してしまったところは、特に興味がそそられます。 海外旅行って体のリズムが崩れやすいですし、他人事ではないです。

でも そんな万一の時間外診療のことや保険のことって、普通に説明されたら つまらなくて、聞く気になれないです。 旅行の楽しみに水を差しそうですしね。

ところが、疑似体験的にやりとりが聞けるので、他人事には思えずに気になって。。。それで しっかり聞いちゃうんですよね。 何度聞いても、注意して聞いちゃう ところです。

そのほかにも、「オフィスでの英会話」「文化の違い」・・・興味深いテーマで続くので、楽しみながら聞き流せます。 英語の後に、日本語で意味が流れるので、初めて聞くときから楽しんで聞けるのが嬉しいです。

ゴルフでの活躍と同時並行で英語力がアップしている、石川遼選手も愛用というのは、ますます頼もしいです。

↑↑ クリック ↑↑
やる気を 楽しく 実力に

英語と海外のお役立ちに

| 外務省TOEIC:ETS:ETS通訳案内士試験:JNTO:

英語上達のみち

引越し・アートの特徴について引越し・アートの特徴のことのはなし.
| 楽しむ英語みち

ご意見・ご感想・お問合せ等はこちら

Copyright © 2007 楽しむ英語みち. All rights reserved